クールなレシピのご紹介。クールといっても冷たい
お料理ではありません。クールチョイスの観点を
取り入れた、今夜役立つ献立のご紹介です。
     
  ■2018年12月28日初回放送分  
 
   
■つくりかた 
1.  野菜の皮をむくときに、アルミホイルでむく。
2.   こんにゃくを適当な大きさにちぎり、野菜も適当な大きさに切る。
3.  鍋に油を熱し、切った鶏肉を入れて炒める。
4.  3)に切った野菜とこんにゃくを入れる。
5.  4)に調味料を入れ、煮立たせ、煮立ったら落しぶたをして、弱火で20分ほど煮る。
6.  煮汁がほどよく少なくなるまで煮込み、完成。

■このレシピのクールポイント 
野菜の皮をアルミでむくとむきすぎないので食品ロスも少ない(使い古しのアルミでもよい)。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 長山 紘子 さん

お風呂の残り湯は洗濯物に使う!

 
  ■2018年12月21日初回放送分 
 
 
■つくりかた 
1.  だしをとって残った昆布とかつおを用意します(何か料理を作るのにだしをとった残りを活用)
2.   昆布を刻む。ぬめりに注意してください。
3.  昆布とかつおぶしを鍋に入れて加熱し、水気をとばす。
4.  酒、醤油を加え、汁気が無くなるまで煮る。
5.  白ごまを入れる。温かいままでも、冷めてもおいしいです。甘みが欲しい方は、砂糖やみりんを入れてもおいしいと思います。

■このレシピのクールポイント 
だしがらを捨てないことで、ごみを減らせます。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 松井 香代子 さん

いらない紙をメモ用紙に使います

 
  ■2018年12月14日初回放送分 
 
■つくりかた 
1.  蓋つきの鍋におでんの具材、出汁を入れ火にかけます。
2.   具材に火がある程度通ったら、鍋を火から降ろします。
3.  火から降ろした鍋を、段ボールや発泡スチロールの中に入れます。
4.  1時間ほど置いておけば味がしみ込んだおでんになります。
5.  鍋を新聞紙や、いらなくなったセーターやタオルケットで包むことにより、保温効果が高まります。
 
■このレシピのクールポイント 
耐熱ガラスの鍋、土鍋、タジン鍋など、厚手で保温力の高い鍋がオススメです。コトコト煮込まないのでガス代がその分安くなる他にも、煮崩れや焦げたりといったトラブルも防ぐことができます。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 荒井 和晃 さん

近場は自転車で移動します。

 
 ■2018年12月7日初回放送分  
 
■つくりかた 
1.  パスタを2時間以上、水に漬ける。
2.   たまねぎ、マッシュルームをみじん切りにする。
3.  熱したフライパンにオリーブオイルをひき、ひき肉を炒める。
4.  ひき肉の色が変わってきたら2)を入れて炒める。
5.  ホールトマト、ケチャップ、ウスターソース、コンソメ、塩コショウを入れて煮詰める。→ソース完成。 
6.  作ったソースに水漬けしたパスタを入れ、1~2分、火にかけながら絡める。水に漬けていたものは白いけど、火にかけて、黄色になったら完成。
■このレシピのクールポイント 
ゆで時間短縮でガスの節約。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 小林 風美花 さん

水筒を持ち歩いてます!!

  
 ■2018年11月30日初回放送分  
  
■つくりかた 
1.  バニラビーンズは切り込みを入れて種をしごき、牛乳と一緒に鍋に入れ、中火にかけて、沸騰直前で火を止める。
2.   ボウルに卵と砂糖を入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。1)を少しずつ加えて混ぜ合わせる。
3.  器に流し入れ、アルミホイルでふたをする。
4.  土鍋にたたんだタオルを敷いて万能落しぶたをのせ、その上に3)をのせる。器の1/2くらいの高さまで熱湯を入れて火にかけ、約5分かけて沸騰させる。 
5.  沸騰したら火をとめて土鍋のふたをし、そのまま15~20分おいて余熱で火を通す。 
6.  土鍋から取りだし、冷やしたら完成。
■このレシピのクールポイント 
土鍋の余熱を利用して加熱時間を短縮。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 髙橋 亜季 さん

買い物時にはエコバックを持ち歩くようにしています。

  
 ■2018年11月23日初回放送分  
 
■つくりかた 
1.  前日の残りのかぼちゃの煮物をつぶす。
2.   1)を、春巻きの皮で包む。
3.  油できつね色になるまで揚げる(160℃でじっくりと)。
 
■このレシピのクールポイント 
あまりがちな煮物でも、違った料理に。おやつにも!
くらしき作陽大学現代食文化学科
 新田 千夏 さん

使わない時は、電源を切る!

  
 ■2018年11月16日初回放送分
 
 
■つくりかた 
1.  洗って乾かした牛乳パックの上部を切り捨てる。
2.   開いた口の部分を折り、ホッチキスで止める。
3.  クッキングシートを敷きつめる。
4.  バターを電子レンジで溶かしておく。 
5.  牛乳パックにホットケーキミックス、卵、牛乳、バターを加えて混ぜる。 
6.  180℃に予熱したオーブンで25~30分焼く。
7.  竹串をさしても生地がつかなければ完成です。 
■このレシピのクールポイント 
捨ててしまう牛乳パックを活用し、型を洗う必要もありません。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 川澤 知優 さん

買い物にはマイバッグを持参しています。

 
 ■2018年11月9日初回放送分 
  
■つくりかた 
1.  ラップをしき、その上に豚バラ、大葉、スライスチーズ、キムチの順で重ね、巻く。
※ラップを使い巻くことで手を汚さず、洗い物も出ない。
2.   お皿の上に乗せ、ラップをかける。レンジに入れ、600Wで3分(2~3個の場合)。
※4個以上なら、数に合わせてレンチンする。
3.  炒りごまをふりかけ、完成。
■このレシピのクールポイント 
調理はレンジだけ!洗い物が少なく5分で出来ちゃいます。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 向畑 勇亮 さん

エレベーターは使わず、階段を使うようにしています。

 
 ■2018年11月2日初回放送分 
 
■つくりかた 
1.  普段捨ててしまいがちな野菜の皮を細切りにし、ゴマ油で炒めます。
2.   砂糖、しょう油、酒で味付けをしたら完成です。
■このレシピのクールポイント 
ゴミの削減につながります。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 蕪山 明里 さん

節電を心がけています!
 

 
 ■2018年10月26日初回放送分  
■つくりかた 
1.  大根の葉をよく洗い、細かく刻む。 
2.   フライパンにごま油を熱し、大根の葉を炒める。
3.  じゃこ、かつおぶし、調味料を加え、さっと炒める。 
■このレシピのクールポイント 
すててしまう葉を使うことで、ゴミを削減。
くらしき作陽大学現代食文化学科
 土居 七海 さん

自転車を利用します!

 
 ■2018年10月19日初回放送分  
 
■つくりかた 
1.  豚肉は両面をまんべんなく叩き、反り返りを防ぐ切込みを入れて、塩こしょうをする。 
2.   薄力粉と溶き卵をあわせたものとパン粉を 1)につけ、油で揚げる。
3.  揚がったら、牛乳パックを開きキッチンペーパーを敷いたもので油をきり、盛り付ける。 
■このレシピのクールポイント 
牛乳パックを開いたものとキッチンペーパーで油をきるので、使い終われば捨てるだけで洗い物が楽に!
くらしき作陽大学現代食文化学科
 中山 由梨 さん

裏紙をメモ用紙に使っています!

 
 ■2018年10月12日初回放送分  
■つくりかた 
1.  玄米を洗い、少し長めに漬ける。  
2.   炊飯器の中に材料を入れ、圧力を選んで炊く。
■このレシピのクールポイント 
ホールフードを使ってゴミを減らすこと。


くらしき作陽大学現代食文化学科
 武田 茉子 さん

水筒を使ってます。

 
 ■2018年10月5日初回放送分
 
■つくりかた 
1.  鶏肉を使う場合は、電子レンジで加熱します。  
2.   深いお皿に卵を溶き、水とだしを加えて優しく混ぜます。
3.   お好みの具材を2に加えて、ふんわりとラップをかけ、電子レンジで加熱します。 
■このレシピのクールポイント 
電子レンジで加熱することにより、ガスを使わないので、室内の温度が上がりません。


 
くらしき作陽大学現代食文化学科
 高見 夏美 さん

近場に行くときは歩いて行きます。

 
 ■2018年7月6日初回放送分 
 
■つくりかた 
1.  高温に耐えるポリ袋に材料を全部入れ、よく混ぜる。  
2.   鍋に湯を沸かし、1をポリ袋ごと入れて40分、火にかける。 
3.   袋の中で形成し、袋の底を切り取ってそのまま食べる。 
■このレシピのクールポイント 
ポリ袋だけで調理をし、ポリ袋のまま食べられるので、洗い物をする手間や水が省ける。 


くらしき作陽大学現代食文化学科
 岩崎 由香里 先生

電気代節約のため二重窓にしました!