■毎週金曜日 11:30〜12:00


これまでの放送内容(2004.7〜2004.9)


お寺のお坊さんによる、これまでにない新しい「バラエティ法話番組」です。わかりにくい仏事についてのあれこれを、また身にしみるありがたいお話を、はたまたお坊さんの素顔を、楽しくわかりやすくご紹介します。皆さんからの仏事についての質問、リクエストをお待ちしています。採用された方には、桂米裕特製「手ぬぐい」と天野こうゆう“画伯”のオリジナル絵はがき、高蔵寺のステッカーをセットにしてプレゼント(自腹)!
 




 2004年9月24日 第156回 テーマ 「兄弟」 

 お彼岸になると、家族が集まってきて「あ、ボクにも兄弟がいたんだぁ」なんて改めて思うことがあったりしますが…。米裕さんは音楽ミキサーの弟さんとインドネシアに行った妹さんがいます。また、こうゆうさんには、画家の弟さんがいます。そして、エヴァ子さんは一人っ子です。兄弟げんかも、子どものころのうちはいいんですが、大人になって、仏事にもこの兄弟げんかが絡んできたりすると、けっこうドロドロですねえ。やっぱり兄弟仲良くやっていくのが一番なんですね…。倉敷屏風祭では、天野家兄弟が東町のはしまやに屏風を展示しました。


 ケツメイシ 「
 氣志團 「

写真にカーソルを
あわせてみてね。
番組開始早々、茶卓で大きな音を出してしまった、今日の見学者。 背中で仕事をする男。「あ〜〜」。 なぞってみよう、写仏。


 2004年9月17日 第155回 テーマ 「アニマル」 

 当初は動物の意味合いでテーマが決まったのですが、番組前半は「アニマル浜口」がいかにすごい人なのか、ということで終始しました。それにしても、最近の「ハト」は図々しいですなあ。
 後半は、こうゆうさんのところの愛犬「コロ」が大往生した話。飼っていた犬が亡くなったときには、昔はあっさり簡単に弔いました。これは、もっと上の存在として生まれ変わるときのことを考えて、執着をなくしてやる、という意味があるそうです。でも、これをご覧の皆さんは、ペットが亡くなったら、まずは倉敷市新田の「アニマール」(←こうゆうさん、とっさにこの名前が出てきたそうです)…ではなく「ペットピア」にご相談ください。


 ケツメイシ 「
 氣志團 「

写真にカーソルを
あわせてみてね。
恒例の後姿!プレンティ? ペットが亡くなったら「アニマール」だったよね… 何ですか、それ。


 2004年9月10日 第154回 テーマ 「海」 

FMくらしきの「瀬戸大橋納涼クルーズ」にはたくさんのご参加、ありがとうございました。拝ボーからは天野こうゆう氏が、ステージで番組紹介などおこないました。さて、そんな一面も持ちながら、怖い一面も見せるのが海です。呼松・安楽院の江原仁海さんをゲストに、台風の話題も含めながら進めました。メンバーでいうと、米裕さんの矢掛も水害の町、こうゆうさんの中島も、以前、高梁川の決壊で水びたしになったことがあります。海辺にお住まいの方のなかには、そのような被害は覚悟で生活してきた、とおっしゃる方もいらっしゃいます。静かに海に向かっていろいろ考えてみるのはいかがでしょうか。


 MOOMIN 「Straight Ahead
 PANG 「神様の宝石でできた島

写真にカーソルを
あわせてみてね。
4人集まると、スタジオもにぎやかです。 右側が、江原"中村獅童"仁海さんです。 一生懸命、何を見ているのだらふ…。


 2004年9月3日 第153回 テーマ 「韓国」 

世は韓国ブームです。韓流(はんりゅう)とか言うそうですね。「冬のソナタ」が終わっても、いろんなドラマがまだまだ続くようですね。拝ボー的にいうと、般若心経、韓国のお坊さんと日本のお坊さんがいっぺんに唱えると、部分的に声が揃うところがあるんだそうです。韓国の宗教、65%がキリスト教、ただ、根底には家族の思想「儒教」が流れています。ちょっと懐かしさを感じる韓国に、今の日本は見習わなければならない部分もあるのではないでしょうか…。


 PANG 「言葉にできない
 コザック前田 「寺で修行をさせてやれ

写真にカーソルを
あわせてみてね。
今週はおやすみ。


 2004年8月27日 第152回 テーマ 「失敗」 

こうゆうさん、上海に行ったときに数多の自転車が行き交う道路を横断し、案の定、自転車にぶつかって、次々に多重衝突になってしまって、「謝らねば!」と思い、「謝謝」って…。上海の方々の怒ること怒ること(そりゃそうだ)!他にも、ちょっとした一言、「お構いなく」と言うのを「結構なお点前で」と言ったり、改良服の背中がぱっくり開いたまま他所のお寺へでかけてしまったり、夏場にお参りに行ったお墓のお供え用の線香が、実は蚊取り線香だった(…そんなことってあるんですね)のに気がつかなかった、とか、やっぱり失敗談っておもしろいです〜。


 桑田佳祐 「ありがとう
 彩風(AYAKAJI) 「童神

写真にカーソルを
あわせてみてね。
Bスタジオって狭いから、なんかワキアイアイ。 マイクスタンドにヘッドホンをひっかけるなんて、エヴァ子さん、通ですな。 謝謝!


 2004年8月20日 第151回 テーマ 「餓鬼(がき)」 

今日は、久々に「よくしゃべるゲスト」が登場。アントニオ餓鬼男さんという餓鬼の方です。餓鬼は、のどが針のように細く、おなかが欲でふくれています。目も耳も少し遠めで、何か食べようとするとその食べ物が口の中でボッと燃えてしまうんだそう…。さて、餓鬼男さんは生前の「えこひいき」がもとで、餓鬼道で暮らす毎日。お盆に私たちが「分け隔てなく施しをする」ことによって餓鬼男さんたちは救われるのですが…最近はそうでもなくなってきているみたいですよ。


 フジモトタカコ 「風邪と花火
 ベベチオ 「セミの声

写真にカーソルを
あわせてみてね。
ゲストが来るまでちょっと雑談中。 もろこしヘッド付きのウナコーワを試す、エヴァ子さん。 今日のゲスト、アントニオ餓鬼男さん。プライバシー保護のため、下半身のみです。


 2004年8月13日 第150回 テーマ 「お盆知ってるつもり!?」 

放送通算150回を迎えました!こつこつと150回!…といっても、こんな忙しい時期なので、スペシャルものは一切ありません(笑)!フツーの放送です。今週は、お盆になると出てくる疑問の数々に対してお答えします。「棚業」とは?キュウリの馬・ナスの牛ってどんな意味があるの?「お盆」って誰の供養?…などなど、いろいろな疑問にお答えしました。お盆の「帰省」、レジャーを詰め込みすぎて「帰るのを省く」ことのないように、きちんと「帰って省みて」ください。


 Asa festoon 「少年時代
 長渕 剛 「ふるさと

写真にカーソルを
あわせてみてね。
今日のスタジオドリンクは、これ! そう、今日はBスタジオでの収録なんです。 「お盆、わかったつもり?」


 8月6日  テーマ 「灯明」 

今日は、とある健康器具の話からスタート。…テーマの灯明とはまったく関係ありません。で、灯明なんですが、最近、流行しているのは豆ろうそく。燃え尽きるまで時間がかからないのでご年配の方などに人気です。また、関西方面では、開き直って、「電気が灯るろうそく」なんてのもありますが…。灯りは、辺りを照らすほかに、迷った気持ちを導く意味もあります。境内がろうそくの明かりでいっぱいになる「万灯会」もきれいですね。


 元 ちとせ 「いつか風になる日
 井上陽水 「夏まつり

写真にカーソルを
あわせてみてね。
今週はおやすみ。


 7月30日  テーマ 「作務衣」 

こうゆうさんが、自分の絵を染めこんだ浴衣を作りました。下の写真をご覧下さい。モデルも良いから、素晴らしい!夏の着物は浴衣ですが、お坊さんが普段、着ている「作務衣」が今日のテーマです。「作務」とは掃除をすること。考えてみてください。掃除は奥が深い!したつもりになっていれば大変楽な作業ですが、極めようと思ったら、とことん大変です。修行の基本は掃除から。ちなみに、甚兵衛のように着るのは間違いですので…。


 笹川美和 「
 カズン 「風の街

写真にカーソルを
あわせてみてね。
これが、その浴衣だ! 携帯で写真を撮ってもらってます。見返り美人! 美女とペットボトル。夏祭り気分ですな。


 7月23日  テーマ 「涼」 

まずは、和歌山の海南市に2人ででかけたときの車の中のクーラーの寒〜い話からスタート。前半は、テーマ「涼」とは関係ない話ばかりで、…もう一生本題には入らないのかと思いましたよ(泣)。風鈴、打ち水、扇…。クーラーではなく、一生懸命働いて汗をかいたときに、すっと吹き込んでくる風の涼しさを感じてください。そして、あまり「暑い暑い」と言うのも、…控えましょうね。

 平原綾香 「君といる時間の中で
 ORANGE RANGE 「ロコローション

写真にカーソルを
あわせてみてね。
乾物とは「缶詰」のことかと思っていました…。 トロピカルジュース。少し味が薄めだったかな…。 今日は「あ」です。



 7月16日  テーマ 「ところ変われば」 

先週、今週と、こうゆう氏はよくしゃべってます。さて、こうゆうさんは、この度、東京・南青山で個展をしました。その期間中、ところ変わればさまざまなものが変わる、という例を発見しました。高校生は歩いていない、コンビニはない、不動産広告もケタが違います。でも、人情味あふれる土地…。そんななか、横浜の檀家さんのお葬式が入り、倉敷とのさまざまな違いにビックリ!あなたも東京に行って驚いたこと、ないですか?

 反町隆史withリッキー・サンドラ 「フォーエバー
 

写真にカーソルを
あわせてみてね。
こうゆうさんの本、当選発表しました。一冊一冊、筆を入れる、こうゆう画伯。 ということで、スタジオの机の上は、本の山!



 7月9日  テーマ 「野球」 

プロ野球が大変なことになっています。今日のテーマは野球です。野球と人生は相通ずるものがあります。ファインプレーする人は賞賛されますが、ほんとにうまい人は、その動作がファインプレーに見えない。また、「バックアップ」が大事である、ということ。何気ないファインプレーと、お互いに他人のフォローをうまくやっていくことで、野球も人生もうまくまわっていくんですね。

 CHAGE&ASKA 「NとLの野球帽(ベースボールキャップ)
 灰田勝彦 「野球小僧

写真にカーソルを
あわせてみてね。
恒例!今日の後姿。 今日は、いのうえのニューフェイス、田辺さんもスタジオ入り。 米裕さんとこうゆうさんは、軟式野球経験者!



 7月2日  テーマ 「塔」 

今回は、リクエストにお答えしてのテーマ「塔」。三重塔とか、五重塔とか、塔にもいろいろありますが、塔とは、お釈迦様のお骨の一部を納めているところ。はじめは小さかったものですが、どこからでも拝むことができるように、日本では多層塔が多くなりました。身近な「塔婆」も塔の一種です。土に埋めることによって、天地を結ぶ意味があるものなのです。塔の見える安心感、感じてみてください。

 keyco 「散歩道
 ウルフルズ 「ワンダフル・ワールド

今週はおやすみ。







 12月12日  テーマ 「方向」 

 いきなりですが「何をしたか、ではなく、何に向かってしているのか」が、今回の放送のポイントです。一生懸命やったのに…、という工程が大事なのではなく、目的をはっきりさせて物事を進めていく、ということが大事なんだそうです。

 こうゆうさん、とある島に行ってきました。その島のおまつりが、一年中で最大の行事なのですが、そのおまつりの絵を描くというのが目的です。このおまつりは、島の芸能なども含まれた大きなおまつり。ただ、芸能などをいちばんよい席で見ることができるのは、島の長老。観光客は、一番見づらい位置からかろうじて見ることができる、という具合です。それも、舞踊など、大変長い。ひとつひとつ見るのは大変だなあ、と思ったものの、2日間、じっくり見ると、最後には涙が出てきたそうです。一般的なお祭りとは違いますよね。それは、島の人たちが、神様に向かって一心に奉納しているから。観光客に対する媚はいっさいない。でも、そこが大事なんでしょうね。

 まわりの人に惑わされず、目的をしっかり定めて、やり貫きましょう。


<お送りした曲>

■a.mia 「LAT.43°N〜forty-three degrees north latitude〜
■平川地一丁目 「かわれないので





 写真にカーソルをあわせてみてね。
なんか、肩をたたいてますよ。 どっちに入ってる? 「haibozu.com」の更新、早くしてください、というお便り。いやいや、おっしゃるとおりです。 恒例、今日の米裕さんのバックショット。

来週のテーマ:「無礼」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:12月19日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「無礼」!
 [BG:F.O.]
 [BG:「カルメン」]
米裕:来た来た来た〜!「拝、ボーズ!!」らしい番宣やでー。やっぱり来たでー、そろそろ来るでー。ほれほれほれほれほれほれほれほれ〜。
こうゆう:ブ・レイ!
 [SE:(割れんばかりの拍手)]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは、無礼!
 [BG:F.O.]




 12月5日  テーマ 「お芝居」 

 米裕さんの家のお子さんは、クリスマスが近づいたので、良い子にしています。クリスマスが近いからです。サンタさんにお手紙を書いたところまではよいのですが、米裕さんが「書いた手紙を本尊さんのところにお供えして、朝晩、般若心経を7回唱えなさい」と言ったら、それもちゃんと守っているようでして、クリスマスの威力は強いものですね。

 さて、11月末に笠岡市民会館で、お坊さんが出演するお芝居が行われました。演出が米裕さんで、こうゆうさんは準主役。こうゆうさんは前回の公演のときに「セリフがとぶ」という痛い目にあっているので、嫌がって今年は練習に行きませんでした。

 人によっては、「カンタンにできるよ」なんて思っていても、実際に幕が開いてみると、照明があたって、客席いっぱいのお客様。とたんに緊張してセリフがまったく出てこなくなる、なんてこともありますね。

 人生とは、芝居そのもの。自分が作り上げる芝居です。人生もなめてかかると大変なことになりますし、逆に、日々努力をし、お稽古を重ねていると、必ず良い舞台になります。良い人を演じてください(?)。


<お送りした曲>

■Mr.Children 「
■林 明日香 「もう一度あなたに会いたい





 写真にカーソルをあわせてみてね。
取材に来られた、中国新聞の下山さん。 ふと見ると、CDなどの機材が乗っている棚に上がって撮影していました。びっくり! 机の上の紙には、これから先のヒントになるキーワードがずらりと書かれています。 エヴァホールに設置された大型プラズマテレビ、ラジオで、「こーんな大きさです」って言ってましたが、ご覧いただくと、こーんな大きさです。

来週のテーマ:「方向」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:12月12日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「方向」!
 [BG:F.O.]
 [BG:「花嫁人形」]
 [SE:小川のせせらぎ、鹿おどし]
米裕(お母さん役):エヴァ子さん、お見合い写真、撮りましょうね。少しあごをひいて、そうそう、もうちょっとこっちの方向を向いてください。
エヴァ子:ほう、こう?
 [SE:(平手打ち)]
エヴァ子:ひぃ〜っ!
 [BG・SE:F.O.]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは、方向!
 [BG:F.O.]




 11月28日  テーマ 「年賀状」 

 今日のテーマが「年賀状」なのは、出演者がはやく年賀状を書き上げるよう、叱咤激励するためなんです。米裕さんの年賀状は、版画で仕上げてあるのですが、乾かないうちに重ねるので、裏も表も真っ赤っ赤…なんだそうです。一方、こうゆうさんは、いつもは年賀状をひとつの作品として仕上げているのですが、たまたま今年の年賀状を、プロレスの方との記念撮影の写真にしたところ、「作品」を期待していた人からは、クレームが…なんだそうです。

 さて、年賀状、印刷されたものに宛名も印刷してしまったら、なんかDMみたいですよね。せめて、一言、自筆の部分が欲しいところです。

 ところで、「一月元旦」と書いてある年賀状を見かけることがありますね。「元旦」というのは、「1月1日の朝」ということですので、「一月元旦」は重複表現になります。また、前の年を指す表現で「旧年」「昨年」「去年」などの言葉がありますが、おめでたい新年に「去る」という言葉は不似合いです。「去年」という言葉は避けるようにしましょう。そして、お歳暮のお礼を、年賀状に書くのもやめましょう。


<お送りした曲>

■中島美嘉 「雪の華
■ウルフルズ 「ええねん





 写真にカーソルをあわせてみてね。
今年はどんな年賀状にしましょうか…。 すっかり恒例、米裕さんのバックショット。 やっぱり人数が多いと楽しいねえ。

来週のテーマ:「」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:12月5日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「お芝居」!
 [BG:F.O.]
 [BG:ロミオとジュリエット]
エヴァ子(ジュリエット):(完全になりきっている)おぉ、ロミオ。あなたはどうしてロミオなの?
こうゆう(ロミオ):えっ?僕、たっくんですけど。
 [SE:(平手打ち)]
 [BG:F.O.]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは、お芝居!
 [BG:F.O.]




 11月21日  テーマ 「お茶」 

 米裕さん、先日スイートルームに宿泊されました。なんと、部屋数6つ!1人で6部屋!使ってない部屋があったらもったいないので全部の部屋を使いました。米裕さんは水分をたくさん摂りますので、自分で紙パックの1リットルのお茶を買って入ってました。スイートだから、いざ、部屋に入ってみると、お茶なんていくらでもあるわけです。でも、買って入ってましたから、その紙パックのお茶を飲みました。ただ、そのパックを捨てて買えるのがはずかしくて、かばんに詰めて持って帰ったそうです…。

 お坊さんは、職業柄、お茶を出されることが多いですが、そのお茶の濃さ、湯加減などで、その家の落ち着き度合いが分かってしまうんですねえ。お茶1杯出すときでも、相手が「おいしい」と思って飲む顔を思い浮かべながら、「おいしくなれ、おいしくなれ」と思いながら出すと、おいしいお茶になるんだそうです。あ、これは、お茶だけじゃないですよ。キャベツを切るときでも一緒です(笑)。

 朝起きて、水を汲んで、その水を沸かして、お茶を作って、仏さまにお供えする、その心のゆとりが欲しいですね。「お茶をあげればいいんでしょ」ということではないので、もちろん、ペットボトルのお茶をチンしてあげるなんてのは、ダメです。下げるときにも、流しにジャーッではなくて、野辺の木などに施すのがよいでしょう。

 結構なお点前でした。


<お送りした曲>

■ビリケン 「花ことば
■松任谷由実 「





 写真にカーソルをあわせてみてね。
テーマはお茶。なのに、これはホットレモン! 京都からお客様が…。これは「おたべ」の秋仕様。 スタジオに鎮座ましましておりまする。

来週のテーマ:「年賀状」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:11月28日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「年賀状」!年賀状ちゅうたら?
 [BG:F.O.]
 [BG:あしたのジョー]
こうゆう:年賀ジョーッ!出せ、出すんだ、ジョーッ!
 [BG:F.O.]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは、年賀…
こうゆう:ジョーッ!!

 [BG:F.O.]




 11月14日  テーマ 「印象」 

 今日のオープニングは、こうゆうさん、いつもより低めの声でスタートしました。印象をよくするためです。なにぶん、顔が見えない世界ですからね。声で表現するしかないのです。

 さて、米裕さんが他のお寺の説法に出かけますと、自分のことを紹介されます。とあるところで、司会の方が「米裕さんのプロフィールは持ってますから大丈夫です」とおっしゃったので、いったいどのプロフィールを紹介するのだろう、と思っていると、「趣味は国会中継鑑賞、特技はお葬式ができる…」などと、ちょっとおちゃらけたのを紹介しはじめました。…そう、FMくらしきのパーソナリティページから紹介されてしまったのです。極めつけは「陰部より石を出せる」(笑)。これから、お二人を紹介する機会のある方、FMくらしきのパーソナリティページのプロフィールを紹介するのはやめてくださいね。特に、堅い講演などでは…。

 さて、お坊さんの印象。だいたい、多くの方が同じような印象をお持ちなのではないかと思います。その中で、少しでもお坊さんの世界に入ってきていただきやすいように、この番組はスタートしました。こうゆうさんは何年も前に、たまたま足を折って松葉杖をついて歩いている時がありました。その頃に法事にお邪魔したお宅のおばあちゃんは「おじゅっつぁん=足を折っている」というイメージを持ってしまってるようで、6年7年経って再び法事にお邪魔しても、いまだに「おじゅっつぁん、足は大丈夫ですか」と言われるんだそうです。印象って記憶に残るんですね。

 日頃の印象、ということで言えば、特に最後の仕草を丁寧にしましょう。上品にふるまっても、最後の最後で雑なところが見えてしまうと、お株一気に大暴落ですよ。「お辞儀とは、はじめ早くてあと遅く」。頭を上げる時のスピードと上げ終わったあとの行動で、印象は変わってきます!


<お送りした曲>

■ZOO 「Choo Choo TRAIN
■バグダットカフェ・ザ・トレンチダウン 「Peechy





 写真にカーソルをあわせてみてね。
前の「携帯付カメラ」があまりにも重かったので、機種変更しました。byこうゆう。 「心」。 エヴァ子さんの横顔の印象。今日「は」、お上品にされてますね。

来週のテーマ:「お茶」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:11月21日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「お茶」!
 [BG:F.O.]
 [BG:中国っぽい音楽]
米裕:いつも番組の宣伝考えてんねんけど、すぐにできるときは気ぃつけなあかんねん。テーマはお茶やろ…
 [BG:「燃えよドラゴン」テーマ]
米裕:絶対、ダジャレやねん。来るでー、来るでー

こうゆう:(BGの「アチョーッ!」のところで)オチャーッ!!
 [BG:F.O.]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは…?
こうゆう:オチャーッ!!

 [BG:F.O.]




 11月7日  テーマ 「うどん」 

 米裕さんのお住まい、矢掛町はうどんで有名です。法事などでお宅にお邪魔すると、うどんを打ってくださったりするそうです。ある日、米裕さんは奥様と一緒に、2時ごろに吉備真備公園にうどんを食べに行きました。地元の方が打っているうどんです。その日は、米裕さんたちでうどん玉が切れてしまいました。その後にやってきたのが、井原線の三谷駅から30分かけて歩いてうどんを食べに来た、というご婦人の団体。うどんがないことにショックを受けたご婦人たちは、なにも食べていないということで、「このへんに食べるところはありませんか」と聞かれるも、その周辺には見事に飲食店がない、とのこと。最寄りのコンビニまでですら、45分もかかるということで、矢掛町にお出かけの皆さんは、ぜひ、食糧を持っていくようにしてください。

 高野山時代、困ったときは「うどん」でした。精進ですから鰹だしは使えません。昆布だしをしいたけでのばしたような淡白なだしだったそうです。おまけに、かまぼこもねぎも入ってません。そんな時に使われるのが「セリ」。甘辛く炊いたお揚げとセリののったうどんは、殊のほかおいしいそう。そんなこうゆうさんの、おいしいうどんナンバーワンは、宇高連絡船のデッキで食べた月見うどん。米裕さんは、坂出で食べた「てんぐうどん」に思い出に残っています。、これは具がたくさん入っている。…「10(テン)具うどん」だそうで。

 この「うどん」。お大師さまと深い結びつきがあります。中国から、水が少なく田んぼの少ない讃岐地方に製麺技術を伝えたのがお大師さまなんですね。そして、お遍路道中にもうどんをどうぞ。


<お送りした曲>

■やなわらばー 「変わらぬ『青』
■ぶんやともあき 「笑っていこう





 写真にカーソルをあわせてみてね。
今日のテーマはうどんなのに、「みかん」。差し入れです。上に乗っているのは、例のジャスミン茶。 よし、今日の晩ご飯は「うどん」! なにかを訴えかけてる目…。どうしたの?何がほちいの?うどん?

来週のテーマ:「印象」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:11月14日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「印象」!
 [BG:F.O.]
 [SE:アタック]
米裕:みんなの第一印象の音だぁ!
こうゆう:こうゆうー!

 [SE:♪(ちょっと頭よさそうな音)]
エヴァ子:エヴァ子ー!
 [SE:♪(琴、キラキラ)]
米裕:米裕ー!
 [SE:パオーン!パオーン!(象の鳴き声)]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは「印象」!

 [BG:F.O.]




 10月31日  テーマ 「引越し」 

 こうゆうさんのお弟子さん(在家)が引っ越すことになり、テーマは急遽「引越し」。「拝、ボーズ!!」は電波を私的に(?)使っております…。基本的にお寺のお坊さんは引越しがありませんから、急に引っ越すというのはどういう心境なのか、ということを語ってもらいました。

 さて、引越しのときに運ぶ荷物の中には、もちろん、仏壇も含まれますよね。タンスを動かすのとは訳が違います。引っ越すときには早めにお寺さんに拝んでもらってください。で、位牌と本尊様は、ご自分の手で運ぶとよいですね。そして、引っ越した先でどこのお寺にお世話になるのか。「近くでええやん」ではなく、現在のお寺に相談してみるといいそうです。慌しい引越しのときでも、丁寧に手続きをしてください。

 ところで、引越しは荷物が多くて大変ですよね。人生で考えると、「死」は魂のお引越し。ただ、通常の引越しと違うのは、「死」の時は何も持って行けません。つまり、日頃からシンプルに生きて、気持ちよく引越ししませんか…というのが「拝、ボーズ!!」的考え方です。いかがでしょうか。


<お送りした曲>

■コブクロ 「blue blue
■FLOW 「ドリームエクスプレス





 写真にカーソルをあわせてみてね。
こちらが、この度引っ越すことに相成った、お弟子さん。 もう倉敷には帰ってこない(来れない?)とのことですから、貴重なショットになります。 エヴァ子さん、帽子がよくお似合いです。 ダメバーの1周年記念、こうゆうさんの個展の案内状です。

来週のテーマ:「うどん」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
こうゆう:11月7日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「うどん」!
 [BG:F.O.]
 [BG:「カレーうどん」by THE HIGH-LOWS]
米裕:いっただっきまーーす!ズルズル(うどんすする音、延々続く)…………………………。
エヴァ子:長…。
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
こうゆう:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは「うどん」!

 [BG:F.O.]




 10月24日  テーマ 「月」 

 こうゆうさん、実は、月の土地を持っています。ま、今すぐ行くことはできませんが、近い将来行けるかもしれませんし、こうゆうさんは「お墓を建てる」と意気込んでいます(笑)。ただし、そのうち月旅行ができるようになっても、こうゆうさんの土地の前を通るときには通行料を徴収されますので、みなさん、充分にご注意くださいね。

 番組後半では「月の本」を紹介。写真がとてもきれいな本です。その中に紹介されているのが、「月が欠けると人身事故が増える」。へぇへぇ。身近であり、強い力を持っているのが月なんですね。

 仏教でいいますと、インドの神話にも月は登場します。大昔は、ずーっと昼でした。住んでいるのは仲のいい夫婦だけ。そのうち、夫は亡くなり、妻は、ずーっと泣き続きました。あまりにも泣くので、神様が「泣き過ぎや。」と言って訳を聞くと、ずーっと昼間だと時間が経ったのがわからない、という妻の答え。そこから、月ができて、昼と夜ができて、時間の経過がわかるようになった、とのことです。

 なぜ月を想うのか。やわらかい光。凝視していても疲れない、というところからするとロウソクの光に近いものがあります。また、月は自分では輝きません。太陽の光で自分が輝かされている、そのあたりを感じていただきたいと思います。


<お送りした曲>

■イナズマ戦隊 「熱い涙ロック」(こうゆうさん、絵を描くときのBGMはイナズマ戦隊。)
■RUI 「月のしずく





 写真にカーソルをあわせてみてね。
月の本。なんでも本があるもんなんですねえ。 開くとこんな感じ。これを見ながらの放送です。 こうゆうさんが所有する月の土地が記された地図です。 キラーン。

来週のテーマ:「引越し」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:10月31日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「引越し」!
 [BG:F.O.]
 [BG:陽気な曲]
こうゆう(男の子):向こうの学校に言ってもお手紙ちょうだいね。
エヴァ子(女の子):私のこと、一生忘れないでね。さようなら。
 [SE:車の発車音]
 [BG:悲しげな曲]
ゲスト(お父さん):お前たち、母さんの言うこと、よく聞くんだぞ。
エヴァ子(お母さん:二役):私たちのこと、早く忘れてっ。さようなら。

 [SE:車の発車音]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは「引越し」!

 [BG:F.O.]




 10月17日  テーマ 「限定」 

 今日は、スタジオ内にいろいろな食べ物がありました。まずは、山陽道三木SAの限定売り場で販売している、グリコのべっこうあめ。グリコのお兄さん(?)の顔を舐めるんです…。そして、ジャスミン茶。どちらも、あまり収録中に口にするものではないものです。

 さて、米裕さん一家はしょっちゅう美術館に足を運びます。大原美術館で期間限定で開催中の「棟方志功展」にももちろんでかけました。日ごろから米裕家では「この絵は、買ったらいくらぐらいするんだろう」的な話をしているんだそうです。すると、会場で「御群鯉図」を見ていた4歳のご子息が「お父さん、この鯉、すごいね」という賢そうな感想を述べたあとに大声で「いくらぐらいするん?」。とても恥ずかしかったそうです。

 限定というと、こちらも期間限定でおこなわれる、こうゆうさんの個展。今回は「拝、ボーズ!!」のメンバーいきつけの「Bar 栗坂」の開店1周年を記念した個展で、限定のコースターも準備している、というこだわりよう。「Bar」と「仏画」。見事なコラボレーションをお楽しみください。

 それにしても「限定」という言葉の持つ力は強いですね。みんな飛びつきます。こうゆうさんによると、京都には「親子丼」を販売する吉野屋があります。また、エヴァ子さんによると、モスバーガーでは店舗によって「匠味バーガー」というのが限定販売されています。「限定」と「食べ物」になると、より強力な訳ですね。

 仏教の世界で「限定」というと、なんといっても秘仏のご開帳でしょうか。33年に1回、とか50年に1回、とか…。稀なご縁に出会うありがたさを気づかせるために、この限定のご開帳があるんですね。


<お送りした曲>

■フジモトタカコ 「風邪と花火
■川嶋あい 「天使たちのメロディ





 写真にカーソルをあわせてみてね。
これが、今日みんなが舐めていたべっこうあめ。 え〜と、上…あっ、左! …っていうか、ほんとに舐めながら放送してるよっ! 食べ物があると、スタジオ内は和やかなのです。

来週のテーマ:「月」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:10月24日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「月」!
 [BG:F.O.]
 [BG:蘇州夜曲]
エヴァ子(かぐや姫):おじいさん、おばあさん、さようなら。
米裕(おじいさん):かぐや姫や、どこへ行くんだい?。
 [SE:スリー…ツー…ワン…]
エヴァ子:月の世界へ帰らねばなりません…。

 [SE:ゼロ!ロケット発射音]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは「月」!

 [BG・SE:F.O.]




 10月10日  テーマ 「目」 
 今日は、目の愛護デー。目にまつわるいろいろなお話。花粉症は春だけではなく、もともとは秋に目がかゆくなる症状だったそうです。そんな花粉症のときに目薬を注しますよね。こうゆうさんは、目薬を注すときに目ではなく口が開くそうです。そして、目といえば「壁に耳あり障子に目あり」。米裕さんは、お子さんに「壁に耳あり障子にメアリー」と教えて、お子さんは見事に学校のテストで「メアリー」と書いたんだそうです。ちなみに、スタッフ13号は、「壁に耳あり、ジョージとメアリー」と覚えてました。

 目を合わせて物を言う、目が泳ぐ、目のやり場、目は口ほどに物を言う…。仏さまの目は半眼といって、鼻の頭を見つめる感じです。また、仏事で「目」といいますと「開眼供養」。「かいげん」と読みます。仏壇などに魂を入れることですね。「目を見て物を言う」といいますが、これは、実際には目ではなく、目と目の間の少し上を見るようにしましょう。

<お送りした曲>

■バービーボーイズ 「目を閉じておいでよ」(目、だけに…)
■WINK 「愛が止まらない」(ウィンクですから…)





 写真にカーソルをあわせてみてね。
米裕さんの「目ぇ」。 エヴァ子さんの「目ぇ」! こうゆうさんの「目ぇ」! ジャスミン茶を淹れておりまする。

来週のテーマ:「限定」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:10月17日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「限定」!
 [BG:F.O.]
 [SE:駅のホームの音]
米裕:やっと出るらしいでぇ。それも1回限りや。
こうゆう:長いことなかったなぁ。

米裕:次は何年後やろ、極楽行き列車…。
エヴァ子:じゃ、今までの人は?

 [SE:ホームのベル音]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは「限定」!

 [BG・SE:F.O.]




 10月3日  テーマ 「3」 
 おかげさまで、番組も3年目に入りました。3人でしゃべって3年目。今日は10月3日、「おかげさん」の「さん」、こうゆうさんの個展も3回目、エヴァ子さん3号機…。なんか「3」づいてるってことで、今回のテーマは単純に「3」です。

 物事がうまく進んだとき、それは自分だけではなく、まわりの人の協力があってこそ。これを「位一体」といいます。仏教には「毒」という言葉があります。貪(とん:むさぼること)、瞋(じん:怒ること)、痴(ち:愚痴をいうこと)。すべての人間の不幸はここから来るのだ、と言われます。旅行も3人がよし。何事もカバーしながらうまくやっていける数が「3」なのです。

 「太陽」は「サン」。虹ができる大要素、ご存知ですか?水と光と、そしてもうひとつが「自分の立つ場所」。光を背にしないと虹は見えません。これは、虹を見るときだけの話ではないかもしれませんね。「信仰の3か条」とは、「他のことを犠牲にしてまでしない」「あれだけ拝んだのに…などと考えない」「あの人があれだけ拝んでるから…などと比べない」。これも、信仰だけの話ではないかもしれません。

 最後に、「拝、ボーズ!!」を3拍子で表現してみました。
米:「面白い」。
こ:「ためになる」。
エ:「残らない」(爆)。…整髪料じゃないんですから。


<お送りした曲>

■森山良子 「涙そうそう」(涙そうそうは、今回で3回目です)
■井上陽水 「決められたリズム





 写真にカーソルをあわせてみてね。
今日は、ゲストがいらっしゃってます。えっ、ピンクの豚? 3年目の抱負は「鈴木京香さまをゲストに呼ぶこと」! ♪かーごのなーかのと〜り〜は〜 いーつーいーつーJR〜♪ 私の抱負は「やまとなでしこ」!

来週のテーマ:「目」 (上演時間:20秒)


 [BG(好き好き〜):C.I.]
米裕:10月10日金曜日の「拝、ボーズ!!」。テーマは「目」!
 [BG:F.O.]
 [SE:バーの店内]
 [BG:ムーンライトセレナーデ]
米裕:今宵も、ひとつの恋が生まれようとしている…
こうゆう:君の目は美しい。君の瞳に乾杯!(目にグラスを当てる)
 [SE・BG:F.O.]
エヴァ子:痛っ。
 [SE:F.I.]
 [BG(とんちはあざやか〜):C.I.]
米裕:毎週金曜日お昼前11時30分、「拝、ボーズ!!」。テーマは「目」!

エヴァ子:目薬ーっ!
 [BG・SE:F.O.]