FMくらしきは2021年12月24日で開局25周年を迎えます。それにあたり、社内で「FMくらしき25周年プロジェクト」を進行させています。

大枠として「地域メディアとしての方向性を示し、存在価値を再認識してもらうよう取り組むこと」と「3つの特別番組の制作を進めていくこと」を挙げ、それをカタチにしていきます。
 
 
 ■25周年キャッチフレーズを決定しました
 
このキャッチフレーズを盛り込んだ「25周年記念ジングル」も作成し、現在放送しています。 
 
 
 ■横断幕を掲示し、玄関ドアにロゴマークを入れました 
 
 
 ■西日本豪雨から3年の特別番組として、ラジオドラマを制作・放送しました
「届け!この思い~あかりのうた」
   放送:2021年7月6日(火)20時[ドラマ前半]、7日(水)20時[ドラマ後半]
      2021年7月10日(土)18時[ドラマ全編]、11日(日)19時(10日の再放送)
 
  西日本豪雨から30年後にあたる2048年の真備が舞台です。小学生の主人公がおばあちゃんとの会話から防災の大切さを知る、というストーリーで、真備の自営業者の生の声も交えながら物語は進みます。キャストは公募も含め、地元・倉敷にお住まいの皆さんで、コロナ禍ということもあり、セリフの録音はひとりずつおこないました。 
   
  ラジオドラマはこちらからお聴きいただけます。
     
 沙羅ちゃんとおばあちゃん。  山陽新聞の取材を受けました。     真備船穂商工会の中山会長。
     
 効果音も録りに行きました。  収録は基本的に1人ずつ…。   当時のことを思い出しながら…。 
 
 
 ■「FMくらしきの日」に特別番組「日本酒で乾杯in自宅2021」を生放送しました
「日本酒で乾杯in自宅2021」
   放送:2021年8月28日(土)18時~21時
 

  FMくらしきは、8月28日を周波数にちなんで「FMくらしきの日」としています。例年は、倉敷アイビースクエアのビアガーデンを借り切り「感謝祭」を開催していましたが、2020年からはコロナ禍でそれもできなくなりました。そこで、日本酒にスポットを当てて特別番組を聴きながらご自宅で乾杯していただく企画を昨年に続き今年もおこないました。「オプション参加権」をお買い求めいただいた方には、Zoomでスタジオ内の様子もご覧いただき、オフトークもお楽しみいただきました。 
 
 
 ■コミュニティFM初!SDGメディア・コンパクトへの加盟が承認されました 
 
  「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」達成に向けた取り組みを推進するため、国連が世界の報道機関に対して参加を呼びかけている「SDGメディア・コンパクト」に署名し、2021年9月18日にコミュニティ放送局としては全国初の加盟が承認されました。 
 
 
 ■12月25日には「開局25周年記念特別番組」を放送予定です 
  これまでにFMくらしきに携わった方の声を交えながら、25年間を振り返ります。開局の頃からお聴きいただいているあなたも、最近聴き始めたあなたも、どうぞお聴きください。